「産後ダイエットができる時期になったら、すぐに体重を戻そう!」

「ママになってもキレイでいたい! おしゃれも楽しみたい!」

出産前は、そんな笑顔でキレイなママをイメージして意気込んでいたのに、現実は…

  • 産後、思っていたように痩せられなかった
  • 授乳で痩せたと思ったのに、卒乳後に増える体重
  • 妊娠前に比べて、どんどん代謝が落ちて太りやすくなった
  • 妊娠→出産を繰り返すごとに、体重が増え続けている

あなたにもこんな経験がありませんか? もしもこんな経験があれば、この記事はあなたにとって価値がある記事のはず。

私も長女を出産後、一度は妊娠前の体重に戻ったものの、その後ジワジワと太った「産後太り」経験者です。食事制限も運動も、なかなか続けられず、妊娠前に比べるとダイエット成果も出づらい。少し減っては、リバウンドを繰り返し、代謝の低下、体力の低下を強く感じていました。

「痩せなくては…」と思っているのに、食欲やイライラを思うようにコントロールできず、暴食してしまったり、ストレス発散と言いながらお菓子のドカ食いをやめられない日々も長いこと続いていたのです。周りのスリムなママを見ては「お子さんが2人も3人もいても、あんなにスリムな人もいるのに…」とダイエットが続けられないダメな自分を否定ばかりしていましたね。

そんな私も「食べるダイエットベルラスダイエットに出会って、食べるだけで10kgのダイエットに成功。今ではベルラスダイエットで食事専門のダイエットコーチをしています。

この記事では、過去の私と同じように産後太りで悩んでいるあなたに

  • 産後太りの原因
  • 産後太り、今からでも大丈夫!ダイエットを成功させるお食事とは?
  • ダイエット成功者の声
  • 多くの人がダイエットに成功したお食事のコツ

をお伝えします。

忙しいママが手間をかけずに産後太りを解消するには、食事の摂り方の見直しが欠かせません。この記事を読んでいただくと、産後太りの原因、産後太り解消のダイエットは何から始めたら良いのかが分かります。ダイエット成功した方の経験談もたくさんご紹介しますので、産後太り解消のための第一歩を見つけてくださいね!

産後太りの原因

それではまず産後太りの原因を確認していきましょう。産後太りの原因は大きく分けて2つあります。1つ目は「基礎代謝の低下」、そして2つ目は「産後の生活習慣(特に食生活)の変化」です。それぞれ少し詳しくお伝えしていきますね。

基礎代謝の低下

約10ヶ月に及ぶ妊娠期間と、出産を経て、産後の女性の体は代謝が低下して太りやすくなっている可能性があります。代謝低下の原因は主に以下の3つです。

  1. 産後、骨盤の開き、歪みが元に戻らず、代謝の低下につながっている
  2. 妊娠中から産後すぐの活動量の低下や、日常の運動不足
  3. ホルモンバランスの変化

これら産後太りの原因については、本メディア「ベルラスタイル」の他の記事でもさらに詳しくお伝えしています。

【関連】産後太りがやばい…産後太りの原因と対処方法をダイエット専門家が解説します!

「自分のことは後回し!」の生活習慣

お子さんが生まれて小さいうちは、どうしても毎日慌ただしく、ママはいろいろな場面で「自分のことは後回し!」になってしまいがちですよね。その生活習慣のなかで、特に食事の摂り方が産後太りの原因になっている可能性があります。

自分の食事は、手が空いた時に立ち食い、早食い

  • 離乳食作りや家族の食事の準備、お世話で手がいっぱい。自分の食事は残り物をパッと口に入れる程度
  • 一日を通して何をどれくらい食べたか、よく覚えていない
  • 手が空くと、なんとなく冷蔵庫や食品庫をのぞいて食べ物を探している
  • 子供が寝ている間が唯一のホッとする時間。お昼寝中や、寝かしつけ後は、コーヒーとスイーツで自分を労っている

このような食べ方をしている人は、健康な体を作るためや、代謝を上げるために必要な栄養素が十分に摂れず、どんどん痩せにくい体を作っている可能性があります。そして必要な栄養素が不足している代わりに、太る原因となるものを食べ過ぎているかもしれません。

あなたには思い当たることはありませんか!?

産後太りの対策、まずはここから

「産後太り、どうにかしないとやばい…」と思っていても、何から始めたらいいかと悩んではいませんか?

  • 「育児、家事、仕事で毎日疲れ切って…。ダイエットをする時間もパワーもありません」
  • 「食事制限はよくないですよね。やっぱり運動するしかないのでしょうか」

などのご相談を受けることも多いです。ですが、「産後ダイエット」でも、「産後太りからのダイエット」でも、食事制限をするという考え方も、特別な運動も必要ありません

忙しいママが無理なく、痩せていくためには、ダイエットへの考え方を少し変えてみるところから始めてみましょう。ポイントは3つです。

「ダイエット=食事制限」と考えるのをやめる

太っていることに悩む多くの人が、実は体にとって大事な栄養素は不足していて、太る原因となるものを食べ過ぎているのが現状です。栄養が十分に満たされていないと、余計に食欲がコントロールできず、さらに太りやすいものを食べたくなるという悪循環になりやすいのです。

なので、まずは「足りていない栄養素をしっかり摂る」と考えること。必要な栄養素を満たすことができるようになると、食欲のコントロールがしやすくなりますよ。

「ダイエット用の食事」ではなく、お子さんや家族にも良い「栄養の摂れる食事」と考える

ダイエットのために特別なメニューを一人だけ用意する必要もありません。ダイエットに効果的な食事ははシンプル、簡単、栄養満点なので、お子さんの良い味覚を育てることにも役立ちます。食べて痩せるダイエットは、結果的にはご家族の健康を守る食事にもつながるのです。

自分のためだけでなく、お子さんやご家族のために役立つと思うと「やってみよう♪」と思えるご家族思いな方も多いはず!

新しいことや特別なことを始めるのではなく「毎日している事」を少しずつ工夫していく

ダイエットのために、今までやっていなかった事を始めたり、特別な時間を確保するのは、毎日忙しいママにとっては至難の業ですよね。新しく何かを始めるのではなく「今も毎日していることから、少しずつ工夫をしていく」と考えてみてください。

食事はどんな人にとっても必ず必要なもの。私たちは毎日必ず食事を摂りますよね。まずはここを見直して、できることから少しずつ変えてみることが、産後太りから脱する第一歩です。

例えば、朝食に食べるものを変えてみたり、水分の取り方を見直していくことも、大事なことです。よかったら他の記事も参考にしてみてください。

【関連】産後ダイエットに朝食は重要!専門家が教える手軽なオススメ食材と食べ方

【関連】産後ダイエットにオススメの飲み物は?ダイエット専門家オススメ飲み物10選

産後ダイエットを成功させる食事

手間をかけずに、産後太りを解消するには、食事を見直していくことが欠かせません。ダイエットを成功させる食事のポイントは「今ある筋肉を落とさず、体の代謝を上げていく食事」です。

女性の基礎代謝は10代後半がピークで、それ以降は少しずつ基礎代謝量が下がっていきます。つまり、出産経験の有無に関わらず、年齢とともに太りやすくなっていくことは自然なことでもあります。

だからと言って、諦める必要はありません!できるだけ代謝を落とさないコツを知って今から対策をしていくことが大切です。

【情報】当サイト運営の「食べて痩せる、ベルラスダイエットマル秘動画講座(購読者数3,000人突破)」はこちら

太りにくい体をキープしていくポイントは2つ

できるだけ代謝を落とさず、太りにくい体をキープしていくためのポイントは以下の2つです。

  1. 今ある筋肉を落とさない
  2. 肝臓や胃腸など、体の器官、機能をしっかり動かす

今ある筋肉を落とさないため、そして肝臓、心臓、胃腸などエネルギーをたくさん使う体の器官をしっかり動かすためにも、食事は大きな役割を担っています。

私たち人間の体は、約60兆個(約37兆個というデータもあります)の細胞でできています。細胞は常に新陳代謝を繰りかえし、1日で約5,000億個も新しいものに生まれ変わっています。この新たな細胞は、食事から摂る栄養素で作られています。

つまり、食事を減らすダイエットをしていたり、食事を抜く習慣があると、栄養素が十分に摂れずに、元気で質の良い細胞が作られなかったり、細胞の老化が進んでしまいます。すると、代謝は落ちていく一方、肌や髪など見た目が老け込んでしまうことにもつながります。

いつも笑顔で元気、キレイなママ、女性でありたい!と思う方は「代謝を落とさないために栄養を十分に摂るお食事」をとっていきましょう。

具体的にどんなものを食べたら良いのでしょうか? 産後太りやすくなってしまった女性には、まず特に重要な2つに絞って、ここではご紹介いたします。

第一優先はたんぱく質

まずは筋肉を落とさない、そして代謝を落とさないためには、何よりもたんぱく質を優先して摂りましょう。たんぱく質は1回の食事で吸収できる量に限度があります。一度に摂りすぎても、吸収できなかった分は尿と一緒に排出されてしまうので、一日の必要量を3回以上に分けて摂ることが大事です。

朝から3食しっかり食べて、毎食たんぱく質を食べるようにしてみてくださいね。いろいろな食材から摂ると良いので、肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などまんべんなく食べることをめざしましょう。

産後の女性は特に!鉄分

あなたは貧血と言われたことはありますか? こうお尋ねすると、貧血と診断を受けたことのある方は、あまり多くいません。出産経験のある方では「妊娠中には言われたことがありますが、その後は大丈夫です」という方も多いです。

ですが、今まで貧血の診断を受けていない方でも、体内に貯蓄されている鉄分が不足している「隠れ貧血」の方が実は多いのです。日本人女性の3人に1人は、この隠れ貧血だといわれています。

この「体内の鉄貯蓄」の不足を「潜在性鉄欠乏性貧血」といいます。通常の健康診断などでの血液検査では分からず、貯蔵鉄(フェリチン)の値を検査をして初めてわかることなので、不足に気づいていない方は多く「隠れ貧血」と呼ばれています。

体内の鉄が不足してくると、先にこの鉄の貯蓄分から使われてしまい、その後、血液中の鉄分の減少、さらにはヘモグロビンの減少へと進んでいきます。通常の健康診断などは、ヘモグロビンの値で貧血の判断をしていますので、ヘモグロビンの値は正常でも、貯蔵鉄は不足しているということが起きているのです。

そしてヘモグロビンが減少している貧血の方はもちろん、隠れ貧血の方も、痩せにくく、ダイエットが進みにくいです。また、疲れやすく、風邪をひきやすかったり、冷えや肩こり、頭痛、生理痛がひどいなど、慢性的な体のプチ不調が多い傾向があります。

ただでさえ、現代人の食生活では十分に摂れていない鉄分。妊娠・出産をした女性、そして産後に授乳をしていた女性は、多くの鉄を失っているので、なかなか鉄を貯めることができず、隠れ貧血になっている可能性が高いです。

妊娠中だけでなく、産後、卒乳後も意識的に鉄分を摂って「体内の鉄貯蓄」を回復させていきましょう。赤身のお肉や、赤身のお魚(ぶり、カツオ、マグロなど)が鉄分も豊富でオススメです。他にも大豆製品や、小魚、ツナ缶、卵、ナッツ類、ほうれん草なども日々の食卓に取り入れてみてくださいね!

ここまでにご紹介したたんぱく質、鉄分以外にも、良質な脂質や炭水化物、代謝を助けてくれるビタミン、ミネラル、酵素、腸内環境を整える善玉菌や食物繊維、なども大事になります。どんな食材で、どのように食べたら良いのかは他記事で詳しくご案内していますので、参考にしてみてくださいね。

【関連】授乳中でもできる産後ダイエット!忙しいママに「食べながら痩せるダイエット」のススメ

【関連】頑張らなくて大丈夫!ダイエットのプロが教える産後ダイエットレシピ

産後太り克服の成功例

私が産後太りから抜け出せたベルラスダイエットでは、他にもたくさんの女性が「産後ダイエット」や「産後太りからのダイエット」に成功しています。

「今のうちにどうにかしないと!」と思っている方も、「産後ずいぶん時間が経ってしまったけど、痩せられるのかな」という方も、ご安心くださいね。今からあなたの体は変えることができます!

【産後のストレス太りから、3ヶ月で-8kg!】

篠田 亜季さん ベルラスダイエット認定パーソナルサポーター

育児家事のストレスや、家族内の問題が山積みだった産後。育児の合間にできるストレス解消は食べることくらい!と過食を繰り返し、おやつを一日3回くらいは食べていました。食べ過ぎてより太る、そして自己嫌悪でストレスが増す…という負のスパイラルにはまっていました。

痩せたいと思いながらも、痩せるためには「食べる量を減らす」「食べないように我慢する」「運動を沢山する」それくらいしか思い浮かばず、すでにストレスで満タンだった私にとって、ダイエットをがんばる気にはなれませんでした。

食べることが大好きだったので、好きなものを好きなように食べられる今の生活を手放さないといけないのかなという、不安もありました。

受講を始めてからは、できることから少しずつ、体にも心にも負担なくできたので、気づけばどんどん、本当にスルスルと痩せていきました。3ヶ月間で体重は-8kg、体脂肪率は-7%、服のサイズは夏の間にXLからMサイズまでダウンしました。

慢性的な体調の不調やPMSも改善され、メンタルも安定、家族へ感情的になることが減りました。太った自分の姿、痩せられない自分が嫌いでしたが、今は好きになれました。

【授乳中の食欲から抜け出せず、ダイエットを諦めかけていた私でも】

梅原千寛さん・ベルラスダイエット認定パーソナルサポーター

痩せたいと言いながら、授乳中の食欲から抜け出せず、「白米はたくさん食べたい! おやつ、食後のデザートは絶対!」という状態でした。TVでやっている流行のダイエットや、ネットで検索したダイエットをしては継続できず、自分が嫌で落ち込む日々。「このままずっと太ったままなのかな」と自分で自分を諦めていました。

他の人の成功談を読んでも「この人は特別なのでは」とか「甘いものでストレス発散している私が、本当に痩せれるのか?」と思っていましたが、一念発起してベルラスダイエットを受講。

結果は3ヶ月で、体重は-3㎏、体脂肪率-2%、ウエスト-4.5cm、ヒップ-4cm。食事を整えるだけで、今まで着ていた服がブカブカになりました。

どんなダイエットも続かず自信を失っていましたが、サポーターさんと二人三脚で90日間継続できたこと、そして結果を出せたことで「私にもできるんだ!」と自信を持て前向きな気持ちになりました。ただ痩せるだけでなく、まさに一皮剥けた!という感じがしています。

心から食事を楽しめ、食べることが大好き!という本来の自分も取り戻しました。

【出産のたびに増える体重、4人の出産後ダイエットに苦労していた私でも痩せられました】

門脇ゆかさん 30代 美容関係

物心ついてから今まで痩せていた事がなく、ダイエットとずっと付き合ってきました。サプリや酵素、エステなどかなりお金も使いましたが、どれも結果は満足するものでは無く、長続きもしませんでした。

出産をする度、体重も増え、体型も変わり、また新たなダイエットを探す日々。痩せたい!でも食べてしまう。自分を駄目な人間だと思い落ち込んでいました。いろいろ自分なりにダイエットの勉強していくうちに、やっぱり食べる事の大切さに気づきましたが、具体的にどうしたらいいのかわからず模索する日々でした。

そんな頃に出会ったベルラスダイエットでは、3ヶ月で-4kg! この結果は私にとっては奇跡です!他のダイエットと違って3食しっかり食べるので満足感があり、甘い物やお酒も上手に付き合えば大丈夫。ベルラスダイエットはシステムがしっかりしていて簡単に管理ができます。一生使える知識を得られて、それを自分の子供にも、この先伝えてあげたいと思える内容でした。

【小さな子供を育児中でも、産後太りを解消♪】

田中えりさん ベルラスダイエット認定パーソナルサポーター

1人目出産後体重が+3㎏となり、忙しさを理由に瘦せることなく2人目を妊娠・出産しました。2人目を出産後はお腹についた贅肉を見て見ぬふりをし、「子供がいるから動きやすく汚れてもいい服を着ないと」と理由をつけて体型を隠す服を着ていました。

オシャレでキレイなママさんをみると「いいなぁ」とは思うものの、「摂取カロリーを減らせばいいかな」と好きなパンだけで食事を済ませ、栄養のない食事をしていました。そして、気がづけば瘦せるどころか体重は増加傾向。主人も結婚してから10kg近く太ってしまい、さすがにこのままではいけないと思っていました。

受講が始まる前は、子育てをしながらできるのか、料理が苦手でもできるのかと思っていましたが、結果は3ヶ月で体重-5kg、体脂肪率-5.7%と驚きです。こころなしか、シミも薄くなった気がします。

もしベルラスダイエットに出会わなければカロリーだけを計算した栄養のない食事を続け、今頃もっと太ってしまい不健康になっていたと思います。

子供と一緒に家で過ごしながら、パソコンやスマホで受講できる講座のシステムが良かったです。食事サポートも、サポーターさんが毎日毎日私のいいところを見つけてコメントして下さり、心強く、続けられることができました。

【お菓子を食べるためにご飯を抜いていた私でも3ヶ月で-5kg】

伊藤直美さん(仮名)30代・トリマー

いつもダイエットのことばかり考えていて、「痩せたい、痩せないと」と思いながら、子供を寝かしつけた後のおやつタイムのためにごはんを抜いたり、これではやばい!と思ったらファスティングと称して食べないダイエットとリバウンドを繰り返していました。

受講前は、栄養バランスのいいお食事を用意することができるのか、お菓子が大好きなので、うまくやれるか、不安でした。

ところが、始めてみるとやめられないと思っていた毎日のお菓子をいとも簡単に手放すことができました!それどころか、味覚が変わり、今は甘いものを食べると頭がくらーっとする感覚があり、あまり食べたいと思わなくなりました。

栄養満点の食事の方が食べたいと思うようになったのです。これはとっても大きな変化でした。変わらないと思っていた味覚や食の好みの変化に1番驚いています。

結果、3ヶ月で体重は-5kg、体脂肪率は-4%ほど落とすことができました。ダイエットに対する必死さが少なくなったこと、体重の増減に気持ちが左右されることがグーンと減ったこともとっても嬉しいです。

ベルラスダイエットでは、どんなに質問や疑問もすぐに返答していただけ、とても丁寧にサポートしてくれたので、不安もすぐに解消され安心でした。始める前は続けられるか自分に自信がありませんでしたが、思い切ってやってみた自分と、続けてこれた自分を褒めたい気持ちでいっぱいです。

産後太り後のダイエット、お食事のコツ

ベルラスダイエットでは、なぜこんなに多くの人が産後太りのダイエットに成功できているのでしょうか?

それは

  • 料理が苦手でも、忙しくても、簡単に準備できるお食事法
  • 最初から完璧を目指さない(できることから少しずつ)
  • スーパーで買える食材でできる
  • コンビニや外食などの活用法

など、誰にでも取り組みやすい簡単なことからお伝えしているからです。

お食事全体で大事なことや、摂り方の工夫などは他の記事でもお伝えしているので、ここでは「簡単にできるひと工夫」「少し意識してほしいこと」をご紹介していきますね。

スーパーで購入するおすすめ食材

「家族の健康を守るお食事は大事!」とは思っていても、買い物や料理など手間がかかるなあと感じたことはありませんか?
スーパーに行ったら買う食材を、ある程度決めておくと、買い物もスムーズ、栄養も十分に満たしていくことができます。

  • 生鮮品:肉類、魚介類、卵、野菜、きのこ など
  • 発酵食品:納豆、ヨーグルト、チーズ、味噌、キムチ、ぬか漬け など
  • 乾物:切り干し大根、カットわかめ、あおさ、焼き海苔、小桜エビ、干し椎茸
  • 冷凍食品:鳥の手羽元、手羽先、シーフードミックス、ブロッコリーやほうれん草などの冷凍野菜
  • 缶詰:魚の水煮缶(鯖、さんま、イワシ、ツナ、鮭)、貝類(あさり、ホタテ、牡蠣など)、オイルサーディンなど

買い物の基準があると、日々の買い出しの負担感が減ります。ぜひ参考にしてみてください。

コンビニでのチョイスを見直す

忙しい時や、時間がない時、コンビニやスーパーのお惣菜なども上手に活用してくださいね。おにぎりやサンドイッチだけ、パスタだけ…では栄養が偏ってしまう可能性があります。

  • 焼き魚+ゆで卵入りサラダ+おにぎり
  • 焼き鳥+枝豆+海藻サラダ+おにぎり

このように、「主菜+サラダ+主食」で選んでみてください。

間食の選び方、食べ方を見直す

小さなお子さんがいる方、こんな間食の食べ方していませんか?

  • お子さんがお昼寝をしている間に、ここぞとばかりにお菓子を食べる
  • お子さんが見ていないうちに、こっそりチョコレートをパクッと口に入れる
  • 寝かしつけた後に、ほっと一息、スイーツやアイスを食べてリラックス

お菓子をやめる必要はありませんが、こんな食べ方を日常的に繰り返していると、あっという間に産後太りが進んでいきます。

ダイエットをしようと決意したら、間食の選び方、食べ方も見直していきましょう。お子さんに隠れて食べるということは、「子供には食べさせたくない、体にあまり良くない」と心の中で思っているのではないでしょうか。

お子さんに多く摂らせたくないと思っているものは、大人でも摂り過ぎは良くないものが多いです。ご自分の体を大切にするつもりで、間食も選んでみてくださいね。

  • お子さんにも「食べさせたい」「食べても良い」と思えるものを選ぶ(フルーツ、さつまいも、ヨーグルト、小魚、ナッツなど)
  • 甘いものは、一人でコソコソ食べたりせず、お友達やご家族など誰かと一緒に楽しく食べる
  • 夜は昼間の20倍太りやすいので、夕飯後はお口チャック!「明日のおやつタイムに食べよう」と考える

これらの工夫ができるだけでも大きく違います。ぜひできそうなところから試してみてください。あまり難しく考えたり、完璧にやろうとせずに「これならできそう!」と思ったところからまずひとつ、始めてみてくださいね。

まとめ

産後太りを解消をしたダイエット成功例と、お食事のコツいかがでしたか? 私も3年前までは、痩せたい思いとは裏腹に、どんどん痩せにくくなり、ダイエットも失敗ばかりでまさに八方ふさがりという状態でした。

そんな時「太っている人ほど栄養不足」「代謝は食事であげることができる」「食べて栄養を満たさなければ痩せない」ということを知って目から鱗が落ちるような思いでした。これを知ったことがきっかけで、食べて痩せるダイエットに取り組み、産後太りの解消につながりました。

産後太りを経験しているのはあなただけではありませんし、痩せられた人やスリムなママが特別なのでもありません。あなたの体も食事で変えていくことができます。この記事が、そのきっかけになれば嬉しいです。