「食べて痩せるって本当? 食べるダイエットの方法について知りたい!」

この記事はそんなあなたのための記事です。

「お腹いっぱいになるまで食べて痩せられたらいいのにな〜」

あなたもこんな風に思ったことはありませんか? ダイエット法の情報はそこらじゅうに溢れているけれど、どれも〇〇制限、〇〇だけ食べる、置き換えドリンク、などなど。食べる量を減らすものばかり…。

「今度こそは痩せてやる!」と最初は頑張るものの、毎日が空腹感との戦いでイライラ。途中で投げ出す方も多いはず。また、せっかく結果がでて喜んだのつかの間、やめた途端にすぐリバウンド、ダイエット前より太っちゃった…というのも、よくある話です。

「運動に食事制限、サプリも飲んで、やらなきゃいけない事がありすぎて疲れた…」「空腹を感じずに、美味しく食べて痩せられたらいいのにな…」と悩まれているあなた。運動なし、食事制限なし、3食しっかり食べるダイエットはいかがですか?

今回は、日頃から食べるダイエットについてお教えしているベルラスダイエットサポーター・佐々木妙子が、今日から簡単に取り入れられる「食べるダイエット方法」について、詳しく解説いたします。

この記事を読むことで、あなたは

  • 「食べて痩せる」ダイエットが実現するとご理解いただけます
  • どのように食べればいいか、の方法がわかります
  • より効果を感じやすくするための方法がわかります
  • 簡単、時短なダイエットレシピがわかります
  • 空腹と戦わずダイエットできるようになります

それではさっそく、なぜ食べても痩せられるのか、について見ていきましょう!

(→→→ 食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中)

なぜ、食べても痩せられるの?

ではまずは「なぜ食べても痩せられるのか?」という話から。そもそも、人はどうすれば痩せられると思いますか? その答えは「代謝をあげること」にあります。代謝が高いと、普通に生活をしているだけで、体内の脂肪を燃焼し、とくに何もしなくても痩せていく身体になるのです。

これってすごく良いことじゃないですか? 何もしなくても痩せていく身体って!

では、痩せ体質になるために代謝をあげるには、いったいどうすればいいと思いますか? その答えが実は「しっかり食べること」なのです。食べたものを使って、体内の脂肪を燃焼し、不要な老廃物を出せる身体になれば、自然と痩せる体質になり、ダイエットで悩む必要がなくなるのです。

食べないダイエットを続けると…?

「ダイエット」というと、食べる量を減らして体重を落としていくイメージをお持ちの方が多いです。が、しかし実はそれが太りやすい身体を作っている、という事実をご存知でしょうか?

食べる量を減らす、断食するなどの方法は、体重を落とす速効性は抜群です。しかし、日常生活を送るうえで必要なエネルギーを体外から摂取できないため、体内の筋肉や骨からエネルギーを作るようになってしまいます。そして、通常通りのお食事に戻すと、どんどん栄養を吸収し、身体に蓄えていきます。この時、身体に蓄えるのは脂肪なのです。

いくら体重が落ちても、筋肉と骨がなくなり、脂肪でプニプニした身体になってはガッカリしませんか? 食べないダイエットは、急激に体重を落とす反面、停滞やリバウンドもしやすく、必要な筋肉や骨を削ぎ落とす危険性も合わせ持っているので注意が必要です。

【関連】断食ダイエットはリバウンドする!?絶対に痩せたい人のためのダイエット法

食べるダイエットはメリットいっぱい♩

食べるダイエットの場合、体重の減少はゆるやかなことが多いですが、リバウンドしづらく、継続しやすいのが特徴です。食べられないストレスがないので、精神的に穏やかで、落ち着いて取り組まれる方が多いように感じます。

また、美肌効果、便秘解消効果、気持ちが前向きになった、寝起きが良くなった、風邪をひきにくくなった、月経によるPMSが改善した、飲み会や女子会にも楽しく参加できるようになった、などなど嬉しい報告が数多くよせられています。

簡単だから続けられ、続けられるから痩せ続ける。まさに夢のような循環ですよね! もちろん、ご希望の体型になったら、そのまま無理なくキープし続けられるのも魅力です。日頃のお食事にちょっとしたコツを取り入れるだけなので、無駄な出費も、ダイエットのための時間も必要ありません。今日からでもできる内容なので、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、具体的にどのようなお食事をすればいいか、一緒にみていきましょう。

食べるダイエット7つの極意とは?

それでは具体的な方法をご紹介していきます。難しいことはありません。むしろ、簡単すぎるように感じるかもしれませんが、どれも代謝をあげて痩せ体質を作るには必要なことなんですよ。ちょっと意識するだけで、すぐに取り入れられる内容なので、ぜひ今日から、できそうなことを試してみてくださいね。

1. ごはんは三食しっかり食べるべし

痩せ体質を手に入れるなら、空腹感は厳禁です。一日三食、しっかり食べて、食べたものからエネルギーを作れるようにしましょう。朝・昼・夕食でさまざまな食材を食べるほどに、あなたの身体に栄養が巡り、細胞がキレイに生まれ変わります。細胞が生まれ変わると、代謝しやすい痩せ体質へと近づきます。

とくに朝食は、体温をあげ、一日のパフォーマンス力をあげる大事なエネルギー源となります。忙しくても、おにぎりやヨーグルト、ゆで卵やバナナなど、手軽に食べられるものを冷蔵庫に常備しておくと便利ですよ。

【関連】痩せる食事は朝が大事!ダイエット専門家が教える食べて痩せる朝食のコツ

2. お肉をしっかり食べるべし

「お肉料理は太る」というイメージを持たれる方も多いのですが、大事なタンパク質源なので、できれば毎日、召し上がっていただきたいです。

とくに、赤身ステーキは最高のダイエット食といわれていて、日本の芸能人、海外セレブでも好まれている方は多いです。赤身のステーキには、疲労感を防ぐビタミンB12、貧血防止の鉄分、新陳代謝を高める亜鉛など女性に嬉しい栄養素が豊富です。食べ応えもあるので、満腹感を得やすいのも魅力です。

しかし中には、お肉を頻繁に食べると肌荒れや便秘になる方もおられます。そのような症状がみられる場合は、下記の動画を参考にしてみてくださいね。

【関連】お肉はこう食べる!便秘・肌荒れとは無縁な食べ方!

【関連】ダイエットに不可欠なタンパク質とは?

3. お魚もしっかり食べるべし

低カロリーで良質な油も摂取できるのでダイエットに適しています。

また、お魚も大事なタンパク質源です。実はお肉と同等のタンパク質があるといわれています。また、血液をサラサラにするDHA、骨の材料となるカルシウムも豊富です。カルシウムが不足すると太りやすくなる、ともいわれていますので、できればお魚も毎日召し上がっていただきたいです。

時間がない時は、スーパーでお刺身を買ってきたり、ツナ缶や、サバ缶などをご家庭で常備しておけば簡単に摂取できますよ。

4. 野菜は一日5皿を目標に食べるべし

野菜は一日350g食べるのがいいといわれています。目安としては大皿2皿分、小鉢で3皿分、計5皿分です。何か1種類ではなく、大根やキャベツなどの淡色野菜、人参やトマトなどの緑黄色野菜と、一日のうちにさまざまな野菜から栄養を摂るのが理想的です。

とくに旬野菜は栄養価が高く、美味しさも格別ですし、価格も安いのでオススメです。今の時期ですと、キャベツ、トマト、きゅうり、ズッキーニ、パプリカなどが甘みも増して美味しいと思います。

野菜は食物繊維が豊富なため、腸内環境を整え、便秘予防、解消効果があります。スープ、お味噌汁にたっぷり入れたり、サラダで生のまま食べたり、冷凍野菜やレンジでチンするだけのシリコンスチーマーなども活用し、毎日たくさん食べるよう意識してみましょう。

5. 善玉菌を味方につけるべし

「私たちの健康状態、食欲は腸内環境にコントロールされている」といっても過言ではありません。腸内では常に善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしており、このバランスによって身体のコンディションが変わります。

善玉菌が優位の時は、免疫力があがり、美肌、アンチエイジング効果も期待できます。しかし、悪玉菌が優位になると、便秘、肌荒れをおこしたり、疲労感が増し、免疫力もさがって病気になりやすいです。また、ジャンクフードや添加物、悪い油などを自然と食べたくなる、ともいわれています。つまり、善玉菌が優位な状態を保つことが重要なのです。

善玉菌が活性化する食べ物は、キムチや味噌などの発酵食品、野菜、きのこ類、海藻類などです。これらを積極的に食べていると、善玉菌が優位に働き、食欲抑制、消化吸収効果を発揮し、痩せやすくなります。

また、腸内環境を整える食材としてヨーグルトもオススメです。詳しくは下記の動画をご覧ください。

【関連】痩せるヨーグルトの選び方&食べ方

6. 食べ合わせを工夫して脂肪を燃焼させるべし

太る原因といわれる「糖質」「脂質」も食べ合わせによっては身体を動かすエネルギーに変えられます。まず、糖質をエネルギーに変換するために必要な栄養素はビタミンB1です。具体的な例をあげると、ごはん(糖質)+ 納豆、たらこ、生姜焼きなどです。

脂質をエネルギーに変換するために必要な栄養素はビタミンB2です。具体的な例をあげると、揚げ物(脂質)+ 卵、豆苗、乳製品などです。

糖質と脂質をエネルギーに変えられないと、中性脂肪、老廃物として身体に溜まり、脂肪燃焼できずに太りやすい身体になってしまいます。相性のいい食材と一緒に食べて、痩せ体質を目指しましょう。

7. 水分もしっかり補給すべし

痩せ体質を手に入れるためには「排泄力」も必要です。私たちの身体には、口にした食品から栄養素を除いた食べカスである老廃物だけではなく、食品添加物、車の排気ガス、タバコの煙などに含まれる毒素も溜まってしまいます。これらがしっかり排泄できないと、代謝がさがり痩せづらい身体になりますし、肌トラブル、便秘、体調不良なども招きます。

そこで大事なのが水です。水分をしっかりとると、老廃物や毒素を流して体内を掃除してくれます。私たちの身体は、便と尿だけで95%デトックスできるといわれていますので、1日を通して小まめに水分補給し、老廃物を流して、代謝のいい身体を手に入れましょう。

【関連】便秘解消に効く!白湯の効果と飲み方を、食べて痩せるダイエットコーチが解説

【情報】当サイト運営の「食べて痩せる、ベルラスダイエットマル秘動画講座(購読者数3,000人突破)」はこちら

食べるダイエットのお食事レシピ

食べて痩せる極意はご理解いただけたでしょうか?「なんとなくわかったけど、イメージできないな」「結局どんなの食べてるの?」そんな疑問を持たれた方は、こちらをご参考ください。今回はカンタン・時短、栄養満点なレシピを3つ、ご紹介いたします。

レンチンでOK!ほうれん草とチキンの簡単ココット

【材料(1人分)】

  • ほうれん草  1摘み
  • サラダチキン 1摘み
  • 牛乳     小さじ2
  • 卵      1個
  • 塩・こしょう 少々
  • パセリ    少々

【作り方】

  1. ほうれん草、サラダチキン、牛乳をココットに入れ混ぜる
  2. 卵を割り入れ、塩、こしょうをふる(爆発防止のため黄身に爪楊枝で穴をあける)
  3. ふんわりラップをし600Wで2分程度加熱する
  4. 仕上げにパセリをかける

作り置きもOK!夏野菜とツナのラタトゥイユ

【材料(4人分)】

  • パプリカ(赤・黄) 各1個
  • ナス        1本
  • ズッキーニ     1/2個
  • 玉ねぎ       1/2個
  • ツナ        1缶
  • カットトマト缶   1缶
  • にんにくチューブ  お好み
  • オリーブオイル   小さじ2
  • コンソメキューブ  1個

【作り方】

  1. 野菜を一口サイズに切る
  2. 耐熱容器に玉ねぎ、オリーブオイル、にんにくチューブを入れ、軽く混ぜる
  3. ふんわりラップし、600Wで1分加熱する
  4. 取り出した耐熱容器にパプリカ、ズッキーニ、ツナ、トマト缶、砕いたコンソメキューブを入れ、ふんわりラップし5分加熱する
  5. 軽く混ぜて(味が薄ければ、塩やコンソメで調整)、再度ふんわりラップし5分程度加熱する

片付け簡単!鮭ときのこのホイル焼き

【材料(1人分)】

  • 鮭      1切れ
  • 味噌     小さじ1
  • お好みの野菜 適量
  • しめじ    お好み
  • 酒      少々

【作り方】

  1. 野菜を食べやすいようにカットする
  2. アルミホイルを長めにカットし、野菜、しめじ、鮭の順に置く
  3. 鮭に酒をかけたら、味噌をぬる
  4. 隙間ができないようにアルミホイルでしっかり包む
  5. フライパンに少量の水と4のホイルを入れ、蓋をして中火にかける。火加減の目安は中火で4分かけた後、弱火に落として7〜8分。計11〜12分が目安です。

食べるダイエットの注意点とコツ

食べるダイエットにおいて「食べちゃダメ」な食材がないのも魅力です。しかし、中にはダイエットを妨げる食材もありますので、頻繁に摂取していると効果が感じにくくなります。また、ダイエット効果を高めるコツもありますので、あわせてご紹介します。

1. ジャンクフード、添加物は控えよう

ジャンクフードとは、身体に必要な栄養素がほとんど含まれていない食べ物のことで、ファストフード、菓子パン、清涼飲料水、ラーメンなどが挙げられます。食べるのは禁止ではありませんが、悪い油、脂質、糖質だけを摂取するような形になってしまうので、ダイエット中は極力控えた方がいいでしょう。

好物で「どうしても食べたい!」という方は、まず一日置きから初め、2〜3日置き、一週間置き、と徐々に食べる頻度を減らしていくと、上手にお付き合いできるようになると思いますよ。

2. 咀嚼はいいっぱいしよう

「1口30回、噛んでから飲み込むのがいい」と聞いたことはありませんか?これは、2つの効果が期待できるからなのです。

1つ目は、よく噛むことで消化吸収しやすくなるからです。大きい固形物のまま胃の中に入るより、細かく砕かれている方が消化されやすく、身体の負担も軽減されます。

2つ目は、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少量でも満足できるようになるからです。食事をスタートしてから身体が満腹を感じるまで20分かかるといわれています。1食20分以上かけて、しっかり噛んで食べることで、過剰摂取を防ぎましょう。

3. 睡眠はしっかりとろう

アメリカの大学で、睡眠時間が4時間以下の人は7時間寝る人に比べて73%太りやすくなるという研究結果が出ています。睡眠時間が短いと、食欲が増したり、食べたものを脂肪として溜め込みやすくなる、といわれています。ダイエットのために1分でも早く寝るよう心がけましょう。

どうしてもお菓子が食べたくなったら?

お菓子も「食べちゃダメ」ではありませんが、栄養のないジャンクフードです。頻繁に食べていると、ダイエット効果は感じづらいでしょう。しかし、お菓子断ちはストレスが大きいですよね。「もう二度と食べない」ではなく「また今度食べよう」と意識を変えて、食べる頻度を減らしていくことがオススメです。

また、食べる内容を変えるのも簡単でストレスなく楽しめますよ。詳しくは下記をご参照ください。

【関連】授乳中でも安心!産後ダイエットの強い味方になるおやつ8選

【関連】3度のご飯よりもお菓子が好き・・脱出のヒントを公開!

ダイエットの成功事例

それでは、実際に食べるダイエットを体験された方々はどのような変化があったのでしょうか? 3人の体験談を見てみましょう。

簡単!楽チン!手抜き料理が上手になりました(笑)

Sさん(30代 / OL)

カラダがいつもだるく、頭痛もひどくありました。仕事柄、見た目も重要だったので仕事に行くのも嫌になるくらい鬱々していました。

ベルラスダイエットを始めてからは、目の前でお菓子を食べられても気にならなくなったし、ダイエット阻止の魔の手から上手な逃げ方も身についてセルフコントロールできるようになりました。講座は毎回、学ぶことが楽しかったです。何度も繰り返し教えてもらえるし、動画やテキストメルマガからも学べて、3ヵ月あれば十分身につき、大満足です。

ベルラスダイエットでは「スリムになりたい。キレイになりたい、タフになりたい」などなど、なりたい自分にきっとなれると思います。

ご自身の体と心が整えば、自分がご機嫌に過ごせて、お子さんやご主人、お友達にも優しくなれるし、もちろん家族の健康・幸せにも繋がると思います。

仕事に旅行に超多忙な不規則生活ママでも食べるほどに痩せています!

Tさん(40代 /自営業、1児のママ)

今までの私は色々なダイエットを試してはリバウンドをし、年齢を重ねるにつれ痩せにくくなってきて「今までよりもっと頑張らなきゃ痩せられない…」と思っていました。

食べて痩せるベルラスダイエットを始めた当初は、こんなに食べて痩せられるのか不安でしたが、今では頑張っていないのに…体重が減ったのに…、髪の毛はフサフサ、むくみは無くなり張りがあります。感情の起伏が少なくなり、とても穏やかに過ごせます。

今までのダイエットは何だったんだ?!時間とお金の無駄打ちでした。講座で伝えてくださり、最後まで寄り添ってくれたサポーターさんには感謝です!

卒業後も痩せ続け−10kg達成して、ワンピースやおしゃれを楽しんでいます!

満腹中枢がきちんと働くようになり卒業後も痩せ続け−8kg!

Kさん(40代/ OL)

20代はアクアビクス、ストレッチをしていました。特に体調に問題はありませんでしたが教室に行くのが面倒でした。30代はダンスDVDと、テレビで見た「これを食べたら痩せる」的なものを試していました。場合によってはダイエット中にもかかわらず、お腹が空いた反動で暴飲暴食してしまったり、肌がカサカサしたり、冷えがひどくなったこともありました。

ベルラスダイエットを始めて、しっかり食べるようになってからは何より身体が疲れにくくなりました。肌も綺麗になったし、顔だけ痩せる、とかではなく全体的にバランスよく痩せられました。甘いものも「食べたい」と思わなくなり、満腹中枢が働くようになったのを感じます。

今では会う人、会う人に「痩せたね!」と言われます。しっかり食べているのに痩せていくので、みんなが私の食べているものに興味津々です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「食べて痩せる」とは、身体に必要な栄養はしっかりとり、身体に不要なものはなるべく控え、しっかり水分補給すること。そうすれば、代謝はアップし、老廃物は排出され、自然と痩せやすい身体になるということ。つまり、ダイエットにおいて特別なものなど必要ない、ということです。

あなたの大事な時間・お金を投資しなくても、毎日のお食事がバランスよくなるよう意識すれば、自然と痩せ体質は手に入れられるのです。

ぜひ、あなたも食べるダイエットにシフトチェンジして、美味しく、しっかり食べて、憧れの美ボディを手に入れてくださいね。

<参考文献・サイト>

食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットについて知りたい方へ

食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットが学べるオンライン講座を無料で公開しています。購読者は3,000人を超えています。下記のバナーから、気軽に登録してみてくださいね。